渓流トラウト&朝練(ヒラメ&アジ)

2017.05.18 コラム

 

スタッフたまきです。


新緑眩しく最高の天気の下、渓流トラウトに行ってきました。

道中、まずはサルの群れのお出迎え

続いて、通り過ぎたキジが飛んで戻ってくる・・・

お次はタヌキ。

たまき→サル→キジ→タヌキ→・・・

ラスボスのクマさんが出ませんように!と最大限の熊対策をして入渓。

ウェーダーから伝わる、ひんやりと冷たい水の温度も気持ち良く感じるこの季節。

釣れるに越したことはないのですが、釣れなくても不思議と嫌な気持ちのない山岳渓流。

アユ釣りもそうですが、とにかくやったほうがいい釣りの一つ渓流釣り。

お気に入りのルアーを操作して

あー、もう満足。この1匹でいいわ。って、妙な満足感になってしまうのが山岳渓流。

流れの中の1匹々に価値観を見出す。伸べ竿でやってるボーダレスフィッシングも同じ感じですね。

とはいえ、上がれる場所がまだ先なので、ついつい打ち上がるわけですが。。。

釣れた魚の数と同じゴミを拾って帰ってきました。

<朝練>
本当の狙いはヒラメ釣り。

その前に少しだけアジング。信頼のニードルリアルフライ&ギムレット2 強し。@出雲崎

で、車で移動し、小さな流れ込みが絡むポイントでヒラメ狙いです。

6月発売のダイワ モアザンシャローアッパー125Fがベストマッチな状況でしたので早速投入です。

飛距離+グリグリの水押しアクションです。少し速く巻くとレレレのレーみたいなアクション。

すぐ脇でヒラメがボイル!ぴょんぴょん逃げるベイト。

「ん?ベイトでかい?」

コココココ コンとヒットしてきたのは・・・30cmはあるサヨリ。

サヨリ連発。 の後のイナダ(笑)

ルアーをロデムにチェンジしてゴン!イナダ(笑)

ベイトはこんなサイズのサヨリでした。SL170の出番ですかね。。。

釣った魚をお客様に渡すのに、ここでタイムアップ。終了しました。

モアザンエキスパート・・・サヨリで入魂しました。

<タックル>
ロッド:DAIWA モアザンエキスパート98ML・M
リール:DAIWA イグジスト3012H
ライン:YGK X8 0.8+フロロ20LB
ルアー:ダイワ モアザンシャローアッパー125F

また行ってきます。

おしまい





釣具の専門店つり具のトミー

TOMMY

〒940-2502
長岡市寺泊片町9353-470

  • Tel:0258-75-2721
  • Fax:0258-75-2721
  • mail:info@fhishing-tommy.com
 Home
 | PageTop